膝の関節痛の原因で、考えられることとは?

膝の関節痛の原因とは?

膝の関節痛を引き起こす原因は、病気によるもの、スポーツによるものなどさまざまあります。

一定の環境条件が原因となる膝の関節痛

読了までの目安時間:約 2分

長時間にわたり一定の動作を続けたり、かたよった行動をした時、特に病的な原因もなく膝の関節痛が起こることがあります。

一日じゅう立ちっぱなしでの仕事や、重いものを持って長時間動いたり、階段の昇り降りを頻繁に行うなど、かたよった生活環境によるアンバランスな動きが直接的な原因となる関節痛のことで、環境条件痛とも言われます。

環境条件痛は肉体的なストレスによるものだけでなく、精神的なショックやストレスによっても発生します。これらの関節痛の対策は、どんな行動や生活がかたよっていたのか、その原因を特定することがいちばんです。

原因を特定できれば以後は自分で気をつけることができますので、予防や再発防止も困難ではありません。

天候の変化が原因の、膝の痛み<

よく、季節の変わり目になると膝の関節痛が起きたり、雨が降る前に痛みの兆候が出たりすることがあります。

これらは天気痛ともよばれ、環境条件痛の一種です。関節の圧力は、普段は外から内に向かってかかりますが、低気圧が近づくと大気圧が下がる関係で、普段とは逆に関節の内から外に圧力がかかります。

日頃から常に負荷がかかっていて弱くなっている膝は、圧力の変化に敏感に反応にして痛みを引き起こしてしまうのです。

この天気痛を予防する対策は、体操やストレッチで運動不足を解消し、筋肉の柔軟性を高めるとともに体内の血液循環を促進することが大切。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる半身浴は血行を促し代謝を上げる効果が期待できるのでおすすめです。

 

原因

この記事に関連する記事一覧

home
TOPへ戻る